76マストフォロー!

ボードゲームカフェ店員が好き勝手つぶやくブログ。


みなさんこんにちは!

たまには店内の様子でも...

ということで今回は、ブレスピってこんな感じだよ〜というのをふわっと伝えていこうかなと!


平日はいつもだいたいまったりです。
最近はたまーにグループさんが多かったりするかも...?
いつも来てくれる常連さんにはほんと感謝感謝です!


ちなみに最近は白ブラステーブルが常備されておりますので、高確率で白ブラスが動きますw

だいたい店長がやりたいだけw

インストもして着実に白ブラス人口を増やしている気がします...

今また白ブラス大会を開くと色んな人集まりそうで面白そうですね(*´꒳`*)

こちらがその白ブラスの様子。
ちなみに→が店長。
FullSizeRender


この写真のときはたしか私はお客さんとカウンターでガイスターをしてたんですよね〜

白ブラス始まると、重ゲに入らないフリーの人も出てくるのでそこは上手いこと軽〜中量ゲ卓も作っていつも上手いことやってます!

ボドゲ初心者の人も安心!!(急なアピール

ボードゲームカフェに初めて1人で来るとか相当勇気いると思うんですが(少なくとも私はいったw

ほんと大歓迎なので気になってる方はお気軽に来てね...(о´∀`о)
最悪誰もいなくてもスタッフや店長が遊んでくれるよ!


と、さて話を戻して、そのガイスターを遊んだお客さんはその時が2.3回目のブレスピくらいだったと思うんですけど、その後も低スパンで何度も来てくれたんですよねー(嬉しい

以前、ガイスター勝負したときに負けたので今回はリベンジさせてください!とお願いしましたw

前回は負けましたが、ちなみに今回は勝利..ふふふ
青を上手いこと逃がしたぜい

以前やったときに思ったけど久しぶりにガイスターやるとやっぱり面白いな〜

その方はお仕事の関係かな?かなんかで今は京都から離れてしまったので今は来られてません..

離れる前にブレスピ来てくださったみたいなんですが、その日私は非番だったので話せず...(*ノ-;*)エーン

最後に挨拶出来なかったのは残念ですが、またいつかぽっと遊びに来てくれるのをいつでもお待ちしてます

遠くに離れていった常連さんは何人かいますが、みなさん元気にやってると嬉しいですね


そして最近よくまわるもので言えばRed7かなぁ

IMG_7354


このゲーム中々面白いです...!!

実はお客さんが持ち込みで遊んでいるときが何回かありましたが、私はタイミングが合わずずっとプレイ出来ず。

ざっくりと説明すると、
自分の手札から自分の場、あるいは真ん中のルールとなる場、あるいは両方にカードをだし、自分の手番終了時に今の強さのルールで自分の場が1番強くないと脱落していく、というゲーム。
強さは数字とカラーが関係します。
手札をいかに保つか、いかにドローするか、いかに自分の場を強くして自分の有利なルールに持っていくか...
ルールはシンプルですがこれが結構考えますw

ポイント制でしっかりやると時間も結構かかりますが、楽しいのでやったことない方はぜひやってみては〜

このゲーム、勝ち方が分かりそうで分からない...
この動き方で勝ててたと思いきや一勝もできず1人の連勝で終わってしまうこともありましたw
結局手札の運なのか?いや運もあり実力も伴うからきっと楽しいんですね!!


そして、軽ゲーといえばやっぱりバランスゲームが安定して盛り上がる!ということで

最近はトゥクトゥクウッドマンもよくだします!

IMG_7397

ちなみにこの画像、全抜きできた結構すごいやつです!!

何かというと、ハンマーで叩いて木のガワだけ落としていくというゲームです。
このときは全部皮だけを落としきれたんですー結構難しいですよ!w
皮は1点だけど幹を落としてしまうと-5点です...!!

一気に落としてわーっとなるのが面白いですw

バランスゲーだとスティックスタックも定番ですね!よくグループさんにもだしたりします。

IMG_6372


ルール簡単で盛り上がれるバランスゲーはいいぞ!


フリー卓が多勢になってくるとみんなでパーティゲームもします!

IMG_7519
IMG_7521

こちらはテレストレーションとジャストワンの写真ですね!
友達だけで多勢で集まってパーティゲーって結構出来る機会少ないと思うんですが(少なくとも私は集められません!笑)

ブレスピではたくさんの人と遊べる!!
楽しい!!

ちなみに今月はテレストイベントがあるよ...!!
詳しくはTwitterにて!


フリー卓はいわゆる相席卓なので、「どんな人がいるかわからない...」という不安ってあると思うんですが、ボードゲームしてる人に悪い人はあんまりいないよ!とだけ言っておきますw

ちなみに何の根拠もありませんが私の感覚です!!

稀に変な人もいるかもしれませんが、そこはスタッフや店長がたぶんなんとかするんで気軽にこそっと言ってくださいねw


フリーの人もグループさんも、お店に遊びに来てくれた人が楽しそうに遊んでるところをみるのがすごい嬉しくて、この仕事のやりがいじゃないですけど、ここで働いてて良かったなぁと思ったりします。

ちなみに、自分が紹介したゲームを遊んでる人がちゃんと盛り上がってるかな...とか結構気にしてみてたりしますw
終わった後「面白かったですー!」って言ってくれたらほんともうすごい嬉しいんですが、「うーんよく分からなかったです」とかちょっとつまらなそうだと結構心にぐさっときますw
うぅごめんなさい...となるんですが、その人にどんなボドゲが刺さるかって見極めは結構難しいです...まだまだ精進ですね!!


少しでもブレスピの感じが伝わったかな?

またお越しになったときはよろしくお願いします(*ノ∀`*)


ではまた〜!


今回ご紹介するゲームは、

 DETECTIVE CLUB-探偵クラブ-  です!!

8620C372-AEF0-4BB2-A061-9649B2357322

BC6AA6B0-B682-4653-899C-62CC5849D427


私も最近初めて遊んだボードゲームです。

この間、お店のものを自分で開封して、ルールを読んで覚えたものをフリー卓に紹介してインストしました~!

みんな楽しそうに遊んでくれて嬉しかったので、ちょっと思い入れが出来たということで今回ブログ記事に書くことにしました(*‘∀‘)


このゲーム、わかりやすく(?)いうと
ディクシット隠匿要素を入れたようなゲームです。

ゲーム箱の裏の言葉を借りると、

絵は口ほどに物を言う?
『探偵クラブ』は、美しいイラストを使った推理力と洞察力のゲームです。


とのことです。確かにイラストカードがほんと美麗なんですよね~

ではでは、ルールのご紹介!

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。

<ゲーム概要>
■プレイ人数:4~8人
■対象年齢:8歳以上
■プレイ時間:45分

準備
得点トークン証拠カード(綺麗なイラストのカード)をまとめて山にしておく。
・各プレイヤーのカラーを決め、そのカラーの細長いボード投票コマ(虫眼鏡みたいなやつ)を各プレイヤーそれぞれ受け取る。
・出題者を一人決め、出題者は鉛筆メモ帳(自分以外の人数分)を受け取る。
・初期手札として6枚を各プレイヤーに配る。

C59382CC-E7B8-45E7-9EEE-2610B453F409



ゲームの流れ
①出題者は、手札から2枚カードを選択し、そのカードで連想する単語を1つ思い浮かべる。
★手札をみて2枚のカードの共通点をみつけて1つのワードを考えるといいよ!
その後、選択した2枚の内の1枚を中央に公開。

※この時、1枚出したあとすぐ1枚補充する。
手札は常に6枚。ゲーム中常にカードを出したら補充は即時!

②出題者は、1つを除いた人数分(自分以外)のメモ帳に先程思い浮かべた単語を書く。
この時1つは白紙にするのがポイント!!わかりにくい場合は横線や×を書いてもよし。

⇒出題者は、各プレイヤーに書き終えたメモ帳を無作為に配る。
単語が書いてあるメモ帳を受け取ったプレイヤー:『探偵』➡密謀者がだれか探る
単語が書いていないメモ帳を受け取ったプレイヤー:『密謀者』➡探偵にバレないようにする

075698BA-DCDA-492E-99F8-367DBA4421B5


③出題者の左隣から時計回りに順番に、メモ帳の単語に沿ったカードを1枚ずつ目の前(細長いボードの前)に出していく。1枚目を全員が出し終えたら、出題者からまた2枚目のカードを出し、続けて全員が同じ流れで2枚目を出す。
★密謀者は単語がわからないので、出題者が中央に出したカードや、他のプレイヤーが出したカードをみて、自分が出すカードを紛らわせるように考えよう!

④出題者が単語を発表!そして、単語と出したカードについて説明します。

⑤他のプレイヤーも、時計回りに順に出したカードの説明をする。

⑥出題者以外で、密謀者だと思う人に投票をする。
投票は、投票コマを密謀者だと思う人のところに置く。
順番は、出題者の左隣から。

⑦メモ帳を公開して、得点計算をする。

密謀者に投票をした探偵:3点
密謀者に投票した探偵が1人以下:密謀者5点、出題者4点
密謀者に投票した探偵が2人以上:密謀者、出題者は0点



以降は、①~⑦を繰り返す。
出題者は時計回りで順番に行う。

ゲームの終了
5人以下:各プレイヤーが2回ずつ出題者を行う
6人以上:各プレイヤーが1回ずつ出題者を行う

最も得点が高い人が勝利!!
同点の場合は、得点トークンの枚数が多いほうが勝利。
それでも同点の場合は、勝利を分かち合いましょう!

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。


とまぁ、ルールはこんな感じ!

まだ1回しかプレイしたことないですが、楽しかったです!
密謀者側が1回も出来なかったのでそれは残念だったなぁー

探偵で当てるの簡単だろーと思ってても結構間違えてて、「そこ密謀者だったのか!」ってな感じに上手く騙されちゃいましたね~
手札に出題者のお題と合うものがないと、沿わないものを出さざるを得なかったりするので、そこで探偵が怪しくなって密謀者がうまく紛れましたね!

探偵側でも、密謀者側でも、一見お題に沿わないカードで「こういう理由で出してるよー」って上手いこと皆を納得させられればすごいと思うし、それ言えたらかっこいいなと思いましたまる
自分が言いたい。

探偵側であんまりやりすぎると密謀者になってしまうんで難しいと思いますがw


みんなでわいわい出来る+プチ隠匿要素が好きな方にはおすすめです(*'ω'*)


ではでは、また次の記事にてお会いしましょ~


(最近まったり更新が過ぎるんですが大丈夫なのか・・・。頑張ろう


 今回は

割と新しめで、
おすすめの2人用ゲームをご紹介していこうかなと思います(=゚ω゚)ノ


2人用ゲームは、フリー卓(相席卓)では出にくいですが、
カップルさんや、友達同士で手軽に遊べるのがいいですよね!

お店でも、2人組のお客さんって結構多くて、ボードゲームカフェにおいて2人用ゲームの品ぞろえって大事だなぁーと思います。


初心者の方におすすめするラインナップって、いい意味でも悪い意味でもほぼほぼ決まってきちゃってるんですが、今回は新しめのものをチョイスしているので、まだやったことない!知らない!という方もいらっしゃるんじゃないかな!



ではでは、今回ご紹介するのはこちら


★FABRYKA CZEKOLADY(チョコレート工場)

1BAB1E5D-9B6C-4B70-B30E-C0965DD02643
19FDF88B-E336-4539-8621-B680A4C6F55C

チョコレートのカードを集めるゲームです。

まずこのチョコカードがかわいい。

この板チョコカードの大きさすごいですよね!材質もしっかりしてます。
箱開けたときにふわっとチョコの香りがした気がするけどたぶん気のせいw

ルールは簡単!
<勝利条件>
●±がついてるカードは数字がそのまま点数になります。
●左上に大きく数字が書いてある”5”~”8”のカードは、ゲーム終了時、お互いの枚数を比べあって、それぞれその数字のカードを多く持っているほうがその数字の得点が得られます。
※同枚数の場合はどちらもその数字の得点は得られません。
 ”5、6、7、8”を揃えるとセットボーナスも得られる。

➡チョコカードを集めて最終的に点数が多いほうが勝ち!

ただし、
ホワイトチョコレートのカードを3枚集めればその時点で即勝利!!
なのです。

こつこつ点数を集めていても、ホワイトチョコで急に相手に勝たれてしまう!!ということが起こりうるんですねーw

<ゲームの流れ>
初期準備
●チョコカードをよくシャッフルして最初に3枚抜く(ゲームから除外)。それを山札にします。
●真ん中に山札を置いて横に2枚オープン!ここをチョコのベルトコンベアとする。
●手札を5枚ずつ配る。
C0381B1B-B6A8-48A4-A0B8-3916FDE63AC3


これで準備はOK!!!!
以降はラウンドが終わるまで手番を交互に繰り返します

手番に出来ること
①チョコカードを手札から1枚、ベルトコンベアに出す。(山札から一番遠い最後尾につける)
②ベルトコンベアに並んでいるチョコカードを5枚回収する。(とれるのは最後尾から5枚。5枚ない場合はあるもの全部。0枚の場合は回収するアクション自体出来ない)
 →手札とは別に自分の前に並べて置く。これが得点化される。

手番中この二つのどちらかが行える。(同時にはできないよ!)
ただし、1ラウンド中に②が出来るのは1回だけ!どのタイミングでチョコカードを回収するかを見極めよう!

お互いの手札がなくなり、回収を1回ずつ終えたら1ラウンド終了!(6手番ずつ)

次ラウンドの準備
●ベルトコンベア上のチョコカードはそのまま持ち越し
●手札を5枚ずつ山札から配る

これを4ラウンド繰り返してポイントが高いほうが勝利!!
もちろんその前にホワイトチョコレートが3枚そろえばその時点で勝利!


★プレイしてみて
私もまだ2回ほどしか遊んでないですが、思ったより準備もルールも簡単でさくさく終わって楽しかったです!
自分がとりたいと思っていても良いカードを並べすぎるととられてしまうので、どのカードを出すかは考えちゃいますね。相手にとられても良いことを考えながら自分にメリットのある場を作っていく感じ。相手より早くとれるとその後はマイナス点をガンガンだせて気楽ですが、早めにとりすぎると損なこともあるので、このジレンマが楽しいかな。
そこにホワイトチョコレートの存在があってかき回してる感が面白いですねw
良い感じにポイントを稼げていても、ホワイト3枚をとめられなくなって負けちゃうっていうw
ホワイトチョコのケアもしっかりしていきたいですね。ホワイトチョコを利用して相手においしくない場をとらせる状況をつくれたりすると強かったですねー
これいらないけどとらないと負けるしなぁ・・っていう。

シンプルだけどちょこっと頭も使えて楽しいですよ!
初めてプレイしたときにホワイトチョコで勝負がすぐ決まって、「なんだこのク〇ゲーw」って言う人もいましたが笑 ※個人の感想です!w


みなさんも機会があればやってみては!
チョコカードがかわいいのでほんと見るだけでもおすすめ


では今日はこの辺で!
またね!

↑このページのトップヘ